スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
付則2  武士道に思う
 付則2

 武士道の精神は、私達の生活の中に予想以上に浸透していることを認識することも必要かもしれません。武士道は、仏教、神道、儒教などの思想を思想的背景として形作られました。それは、日本人の長所をほめるものではなく、日本人の弱い部分を対象にしたものです。その破綻を防ぐため、あるいはその弱い部分を逆手にとり、一つの作法として、世界的にも稀な作法として美しく体系化、思想化したものです。内面的には実質破綻しても外面を作法で繕うことにより、最後の一線を超えることを防ぎその影響を個人の中にとどめる効果を持っています。また、それらの所作が当所中身をともなっていなくても、それらを繰り返すうちに、徐々に中身も形成される効果もあります。

 私達日本人には、この礼儀作法のあり方は、とても共感しやすいものです。

武士道とは、その響きの「いかつい」響きから、現在の私達の生活とかけ離れたもののように思われておられる方が多いと思いますが、実際はその思想の流れに支えられて、日本人らしく生活していると思います。あるいは、どこかで求めているという言い方が適当かもしれません

 私達の生活は欧米化してきましたが、その精神の神髄に、共感は及ぶのは難しいと思います。それは、欧米人と東洋人の自然観が異なるからです。この点に関してはいずれ紙面を割きますが、お互い異なった文化を持つ民族として尊重し合うことは十分出来ると思いますが、日本人は完全に欧米化は出来ないと思います。

 ここまで申し上げたら、これ以上は申し上げることは無いと思います。

 学校教育で武道が導入されます。先生方どうかご協力お願いいたします。

剣道
Comments*0 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
Comments
CommentForm










InternetExplorer Only