スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
物事に動じない不動の精神力とは
 

物事に動じない不動の精神力とは

突然ですが昨日の合同稽古のことです。
 例の木刀による基本稽古が中心の講習会です。当方所属の地区では10月からの昇級審査から実施するという方針のもと、子供、大人合同の講習会がありました。私はと申しますと、3ヶ月前に大人の道場でDVDを渡され、1ヶ月を目処に子供に教えられるレベルにしておくように、というお達しが出ておりましたので、手順程度はなんとかなったのですが、地域の子供たちにとっては大変です。子供の道場でも基本稽古の代わりに、木刀による基本稽古をやってはどうかという意見が出され、その方針でしばらくやるようです。いろいろご意見があるのは仕方がないのですが、9本目の「胴撃ち落とし面」はこれまで正式な「胴の防御法」がなかっただけに、一つの指標になるものと考えています。

 お年の先生の中には、お前に任せた、「よきにはからえ」的な発言もあり、困っております。防具をつけてまだ3年の「ど素人」に「それはないですよ先生!」
という感じですが、最初から覚える気のほとんどない先生方もいらっしゃいまして….う〜ん。
ああ、また仕事が一つ増える………。
 
 話はかわってその後の防具をつけての合同稽古です。
ざっと見渡しますと、いろいろおられます。一度お稽古お願いしてみたかったS8段先生のところに行こうとしますと、先生お稽古お願いします。と
30代の現役選手。あちゃ〜です。そこで
「あの〜当方は素人でして…..うんぬん….かんぬん…..」と自己紹介….
出稽古、合同稽古では恒例なのですが、いつもの通り元立ちをお断りするとから始まります。
 当方とっくに50歳を超えておりますので見かけだけ高段者ににて、全く誤解を招きやすい立場で、すいませんなのですが、とりあえず始まりました。
 お相手さっと上段に構えました。
「おっ!」きた!上段!
……….あっ!小手サポーターを忘れています。
「しまった!」
                 つづく

剣道
Comments*0 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
Comments
CommentForm










InternetExplorer Only