スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
あなたはどんな作品をつくっていますか
作品は自分そのものであります。

あなたはどんな作品をつくっていますか

私は一生懸命つくっています。

今回は、なぜか池が作りたくなり
セメントを練っています。
製作を開始したのは数日前ですが
すでに、1トンは練っています。

疲れます。

体脂肪を計りました。
1ヶ月前は20パーセントでしたが
昨日は16.8パーセントでした。
顔色が悪いといろんな人からいわれました。
ひょっとするとこれは危険なレベルでしょう。
まあいいです。
少し休んで、ご飯を食べれば元に戻るでしょう

さて、突然ですが

作品には
よい作品と悪い作品があります。

良い作品はつくりたいものをつくったもの
悪い作品はつくりたくないのにつくったものです。

(商業製品は別格ですからそれはこの範疇ではありません。)

技術的に優れた作品は、
良い作品となる一つの条件を保有していますが
それが全てではありません
技術的に優れていても悪い作品はいくらでもあります。

はあ?作りたくないものを作る?そんな馬鹿な!
とおっしゃられるかもしれませんが
後者が意外に多いのです。

作品は最終的に形の無い意味として
自分に帰って来ます。
故に作品の善し悪しは自分が一番良く理解します。
良く感じ、とどめ、自分の精神の形とて昇華します。

そしてまた次の作品に挑みます。

他人の評価は
コミュニケーション手段の一部として
角度の違った目として
聞く耳を持ちましょう。

その辺がしっかりしていれば
おかしなことになりませんが
自分の作品を他人の評価に預けすぎてしまうと
先ほどの傾向が顔を出します。

そんなに人の評価が気になりますか?
そんなことより、せっかく作った作品が
自分の血肉にならないことの方が
ずっと怖いのですが................。

人間は複雑ですから
作品も複雑です。

美しすぎる作品には
嘘くささが見え隠れします。

合掌。
-
Comments*6 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
Comments
今日は、うさこさんとうさおさんをつくりました。
クッキーの型ぬきでウサギ型をぬいて耳をわります。
白兎と黒兎にしようと思ってます。
一人じゃ無理なんだけど、二人でDMやカードを耳にはさんで
カードたてになってもらおうかと。
焼きあがるまで、カードがちゃんとたつかどうか、どきどきです。

きよきよ
2007/11/10 1:34 AM
先生の文章に背中を押された気がしました。
今回も頑張りましょー!
ぶん
2007/11/11 10:49 PM
上口妙子です。本日11月19日。
展示に参加させていただきありがとうございました。
アート。芸術の世界を初めてしりました。
こんな世界があるんだな。と、感激してます。
知識も何もありませんが、その世界を知りたいのです。
そして、色んな物を作ってみたい。
これからも先生の活動に参加させていただければ幸いです。
たえこ。
2007/11/19 10:57 AM
もうどうしていいのかわかりません
いえわかっているのです
すべきことをなし、したいことをする。
わかっているのです
何を作っているのか?作れているのか?
商用だとしても、どうあるべきなのか?
どうしたいのか?できるのか?耐えられるのか?
つまづくぐらいならできる
けど
ころげてちょっとすりむいちゃった、ならまだしも
自分の行く道が細い高い刑務所の塀の上だったと知っているいま
堂々と踏み出すことができるでしょうか
とりあえず
来年中に会社を辞めることに決めました・。
あとのビジョンも私としてはある程度はっきりしているのですが
周囲の反応に対して耐えられるだけの精神力が・・・
妻は何を言っても反対はしません
いや、変なことを書きました
みなさん実験展おつかれさまでした
ばしこです@かさおか
2007/11/26 2:27 AM
今日はジョンの命日です。
LOVE&PEACEです。
私に出来ることは、ものづくりだけだけどLOVE&PEACEです。

一般的に笠間で焼物屋さんが仕事をするにあたって、自分の仕事場と窯を持つことを独立と言いまして、ほとんどのお弟子さんや焼物屋さんを目指す人たちは独立を目標に仕事をしています。
私も、そのうちの一人ではあるのですが、自分にとっての独立とは何なのかを考えるようになりました。
私にとって今回のZIKKEN展への参加は、今まで自分の中でモヤモヤしていた独立像が何なのかを知るきっかけをくれた展覧会でした。
それは自分にとっての、ものづくりが何なのか。と、いうことです。
私にとって独立は、まだ少し先のようですが毎日をドキドキしながら生活を楽しんでいます。

久しぶりに香川のメンバーに会えたこと、お互いの作品を通して気付かせてもらった事など、本当に感謝感謝です。
これからも作品を通して、たくさんの人との出会いを大切にしていきたいと思っています。
スタッフの皆さんZIKKENN展07&モノハウス芸術祭お疲れ様でした。
搬入から搬出までご迷惑をおかけしてしまい、本当にすみませんでした。
そして、展覧会に足を運んで頂いた皆さん、ありがとうございました。
笠間に戻ってから、すぐにメールしたかったのですが、相変わらずバタバタしてしまい遅くなりました。
こんな私ですが、これからも宜しくお願いします。

合掌。



さおりんご
2007/12/08 7:33 PM
どこの産地でも勘違いしている人は多いですが。独立ばかり見て独立の先が見えてない人。なんの為の独立なのか分かってない人。この社会情勢の中にあって具体的なビジョンもなく夢みたいなことばかり考えている人。陶芸家としてのアイデンティティを窯を所有することに頼りきっている人。これからの人はいつも次のことを様々な方向から考えてないと大変なことになるでしょう。やっていけないよ。ほんと。バブル経験世代の言うことは大半ぬるすぎて参考になりませんよ。楽観的すぎる。
やりたいほうだいで一生生きていくんなら何でもいいけどね。そういう人いっぱいいるから。
そんなことより、
連絡は返す。言ったことはする。できないことは言わない。
通じないよ ほんと人として
てか、私がなめられてるだけなのか
そして私に言えたことでもないか
合掌

ばしこ
2007/12/11 11:19 PM
CommentForm










InternetExplorer Only